酒が不味いという感覚はむしろ正常。酒そのものはどう考えてもマズい【味はアルコールの隠れ蓑】

大人になるとお酒をおいしく感じないとおかしいみたいな風潮がありますが、どう考えてもお酒って不味くないですか?

目次

正直な話、お酒は不味いと思う。まるで「裸の王様」のような話だけども

お酒は不味い。

誰もが一度は子どもの頃に思ったことがあるのではないでしょうか?

「なぜ大人はこんなにも不味いものを飲むのだろうか?」

子どもはあっという間に歳をとって、気付けばかつて、「まずっ」っと吐き出した液体をゴクゴクと飲むようになります。

「仕事帰りの一杯はやっぱり最高!!」
「夏のビールは最高!!」

「なんか気付いたら飲めるようになっていた」のを良いことに、それから死ぬまで、お酒という名の死神との付き合いは続いていきます。

なかには、
記憶がなくなってトラブルを起こしても、
医者にお酒を止められても、
お酒をやめられない人たちもいます。

ただ、ほとんどの人たちはそこまでお酒に溺れることはありません。

とは言っても、ほとんどの人たちが、いつしか差し替えられてしまった「お酒はおいしいもの」という認識を疑うことなく、ただなんとなくお酒との付き合いを続けていきます。

なぜ人はお酒を飲むのか?

私は普段お酒を飲みません。

ただ、必要な時にだけ飲みます。

必要な時というのは、
飲み会の時やクラブに行った時などです。

人生がうまくいかなすぎてお酒を飲んでいた時期もありますが、「おいしいから」という理由でお酒が飲みたいと思ったことはありません。

あくまでも、雰囲気や酔うという目的のために飲んでいます。

だからこそ、私は大人になってお酒を飲むようになってからも、子どもの頃に感じた疑問をいつも持ち続けていました。

かつて働いていた職場の上司は、
毎日必ずお酒を飲んでいました。

一人は安い缶チューハイを毎日飲んでいて、また別の一人は泥酔するまでワインを飲んでいました。

私は、彼らなぜあんなにも不味いお酒を毎日飲んでいるのだろう?と不思議でなりませんでした。

何度か飲みに連れていってもらったこともありますが、彼らは「これだ~」とか言いながらお酒を飲んでいました。

エタノールを飲んだ時、お酒の本質は薬物だと気付いた

私が「お酒は本来不味いものである」と気付いたのは、エタノールを飲んだ時のことです。

エタノールというのは薬局に売っている消毒なんかに使用するエタノールで、もちろん飲む用ではありませんので、絶対に飲んではダメです。

アルコール度数が高すぎて飲み込めなかったので、飲んだというよりかは口に含んだだけです。

毒を口に含んだみたいに、
生物的な本能で吐き出しました。

私はかつて作家の中島らも氏に傾倒していたことがあるのですが、その影響で飲んでみました。

その時に、
お酒の本質は薬物であると気付きました。

市販されているお酒は、不味いアルコールを工夫して飲みやすくしてあるだけです。

なかには、ちゃんとした製法で作られた美味しいお酒もあるのかもしれませんが、少なくとも、市販の酎ハイは、不味いアルコールを隠そうと、必死に味付けしているだけの偽物です。

ちなみに、今は売ってしまって手元にないので確認できませんが、ドラッグマニアのバイブル『危ない薬(青山正明)』という本のなかでも、「酒はヤバい薬」として取り扱われています。

created by Rinker
¥814 (2021/10/20 11:27:54時点 楽天市場調べ-詳細)

お酒が美味しいと言っている人たちは、アルコールの効用がなくても飲むのか?

最近ではノンアルコールビールなんかも出ていますが、「おいしいから」という理由でノンアルコールビールを買っている人が一人でもいるのでしょうか?

すごく疑問です。

少なくとも私は、お酒からアルコールの酔えるという性質がなくなったら、1円だってお金を払いたくないですね、あんな不味いものに。

酔うためにお酒は飲む。それ以上でもそれ以下でもない

実際のところお酒はおいしいのか、それとも不味いのか、そんなことを考えても表面的には何の意味もありません。

あらゆる食べ物、飲み物に関して、おいしいと感じる人がいれば、不味いと感じる人がいるからです。それは味覚の問題です。

ただお酒の場合は少しだけ性質が異なり、「おいしい」という言葉は、多くの場合アルコールの隠れ蓑として使われています。

ですからそういう言葉や雰囲気に騙されて、あなたが渋々お酒を飲んでいるのならやめたほうがいいと思いますし、あなたが感じる「不味い」という感覚は間違っていないです。

そういう意味では、
コーヒーも同じかもしれません。

あんなのもの、味的には泥水飲んでるのと大差ないですからね。

カフェインレスも、「夜だからカフェイン抜きで」以外の理由では絶対飲まないですもん。

あわせて読みたい
毎日飲んでいたコーヒーをやめてみた。その結果コーヒーを飲まない方が調子がいいことが判明 実は毎日飲んでいるコーヒーをやめたいと思っていませんか? 【毎日飲んでいたコーヒーをやめてみた】 少し前に、毎日飲んでいたコーヒーをやめてみました。 365日毎日...
あわせて読みたい
【コーヒーを飲まない生活には試練がいっぱい】世の中は我々にコーヒーを飲ませようとしてくる コーヒーって大人になると誰でも飲めると思われがちですが、味や体質的に飲めなかったり、何らかの理由でやめて飲めなかったりする人たちもいると思います。私は毎日飲...

お酒も同じで、アルコールがなかったら飲めたものじゃないです。

お酒を飲むのは、
酔って嫌なことを忘れたいから。

お酒を飲むのは、
酔ってフワフワとした感覚を味わいたいから。

それ以上でもそれ以下でもない。

「おいしい」と言っている人たちは、自分がアルコールの鎖に縛られていることを認めたくないだけです。

あんな不味いもの、日常から目を背けられるという効果がなかったら飲めたものじゃないですよ、きっと。

あわせて読みたい
【酒・タバコ・コーヒー】やめるのがこわい人へ もしもやめてしまったら、 人生の楽しみがなくなってしまうと恐怖を感じているあなたへ。 毎日の習慣を変えるのって、 少し勇気が必要ですよね。 それが何年も続いてい...
WebFight
スキルと勇気があれば
レールを外れても生きていける
人生を変える情報はいつも運命かのように見つかる
愚痴ばかりの飲み会には参加しない
つまらない会議では発言しない
普通の幸せは求めない
ゆるく生きるために
誰よりも真面目に働く
クレイジーでいこう
外野の目なんて気にしていたら
短い人生はあっという間に終わってしまうから
もしよろしければシェアお願いいたします。
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる