既卒、ニートからのWebデザイナー【スキルを身につけろ】

  • 既卒、ニートからWebデザイナーを目指そうと考えている方
  • Webデザイナーになるための勉強方法が知りたい方

Webデザイナーって、オシャレなイメージがあるし、憧れますよね。

つい先日、Webデザインのセミナーに参加したのですが、プロのデザイナーはやはりかっこよかったです。

この記事では、元Web制作の会社所属、現フリーランスの私が、「既卒やニートがWebデザイナーを目指すのはありか?」という点について書いていきます。

ちなみに私は、元既卒、元ニートでもあります。

目次

既卒やニートがWebデザイナーを目指すのはありか?

0からWebデザイナーになる

Webデザイナーというのは、
Webサイトのデザインをする人のことです。

Webデザイナーになるためには、スキルは必要ですが、資格は必要ありません。

ですので、スキルさえあれば、誰でも「Webデザイナー」を名乗ることが可能です。

実際、Webデザイナーとして会社の面接に受かれば、初心者であろうが「Webデザイナー」という肩書がついた名刺をもらえます。

では本題に入っていきますが、既卒やニートがWebデザイナーを目指すのはありです。

一応ここでは、「Webデザイナーとして会社に就職する」ことを想定しています。

ありな理由は、次の通りです。

  • Webデザイナーは需要があるため
  • スキルを身につけると生きやすくなるため

それでは詳細を書いていきます。

Webデザイナーは需要がある

Webデザイナーは需要があります。

理由は、Webサイト制作を依頼するクライアント(企業の社長など)は、デザインを重要視するケースが多く、その結果、サービス提供側が常に優れたデザイナーを求めているからです。

また、「コーディング(プログラミング)はできるけど、デザインはできない」というフリーランスなども多いので、そういう人たちからの需要もあります。

「Webデザイナーはオススメしない」という意見も世の中にはありますが、現場で見ている限りは、Webデザイナーは重宝されています。

スキルを身につけると生きやすくなるため

これは元既卒、元ニートの経験から言えることですが、スキルがあると就職しやすいです。

理由は、スキルがあると、「即戦力として使える」と思われるためです。

通常、新卒の就職活動では即戦力のスキルが求められることはありません。

「適正を見て、1から育てれば良い」と思われているからです。

けれども、既卒やニートの場合、「新卒じゃないんだから、1から教えてられないよ」という見方をされることもあります。

私が既卒から入社した会社では、会社の規模が小さいという理由もありますが、研修なんてものはありませんでした。

入社数日後に、「研修なんてないよ。甘えんな」と、実際に上司に言われました。

私の例は極端ですが、新卒という切符をを失った瞬間、即戦力になることを求められる傾向は、日本にはあると思います。

このときに、
スキルがあると非常に有利です。

普通、働いていない人がスキルを身につけるのは難しいですが、デザインやプログラミングに限って言えば、入社前にスキルを身につけること可能です。

また、スキルがあると、将来的に転職もしやすいし、万が一職を失っても、自力でお金を稼ぐことが可能です。

まだ社会に出て働いたことのない既卒の方やニートの方は、「社会人になれば自動的に役に立つスキルが身につけられる」と思うかもしれませんが、世の中のほとんどの会社員は、たいしたスキルを持っていません。

多くの人たちが日々身につけているのは、所属している会社でしか役に立たないスキルで、一歩会社の外に出ればゴミになります。

それに対して、デザインのスキルは、
会社の外でも使えます。

「手に職をつけろ」とはよく言われますが、私の経験からお伝えすると、会社を移動しても使える何らかの専門的スキルを身につけることは、既卒やニートが人生を逆転する鍵です。

ただ、コーディングもできたほうが良い

コーディングスキルと掛け合わせる

Webデザインスキルを身につけるメリットを理解していただいたところで、少し補足的な話もしておきます。

一口にWebデザイナーと言っても、
人や会社によって仕事内容は異なります。

たとえば、ある人はデザインしかやらない、でもべつのある人はデザインに加えて、コーディング(HTML言語でWebサイトを作ること)もやるといったようにです。

会社によっては、「デザインだけできればOK」というところもあると思いますが、基本的には、Webデザイナーになるなら、セットでコーディング(プログラミング)もできるようになったほうが良いです。

理由は、コーディングができるほうが重宝されるし、クラウドソーシングなどの市場でも、「デザイン+コーディング」の仕事が多いからです。

相当すぐれたデザイン能力があれば、「デザインだけできればOK」と思われるかもしれませんが、そうでない場合は、キャリアのためにも、「デザイン+コーディング」のほうが安全です。

あわせて読みたい
【既卒でもニートでも大丈夫】Webスキルがあればやり直せるという話 既卒やニートになってしまっても、Web系のスキルを身に着ければ就職できます。 というか、Web系のスキルを身に着けることができれば、就職しなくてもお金を稼ぐことがで...
あわせて読みたい
もしも今スキルなし資格なしで無職になったら、3ヶ月間WEB制作の勉強をする 自信を持って語れるスキルなし履歴書に書けるような資格なし人に誇れるような職歴・学歴なし 人生に迷っているあなたへ 【もしも今無職になったとしたらやること】 もし...

どうやってWebデザインのスキルを身につけるか?

学習方法を考える

続いて、どうやってWebデザインの勉強をするかについてです。

本格的なデザインを勉強するなら、「芸術学校に通う」みたいな話になりますが、正直、「会社に就職して働く」とか「個人で仕事をとって働く」とかのレベルであれば、そこまでする必要はないです。

私はWebデザイナーではないですが、
Webデザインの仕事もしています。

大企業のWebサイトの場合には、何人ものデザイナーに競わせてデザインを決めるのかもしれませんが、一般的な企業の場合、そこまでレベルの高いものは求められないので大丈夫です。

「とりあえず2年間専門学校に行って」みたいなのは怠いし、お金の余裕もないかもしれないので、最短でデザインの勉強をしましょう。

考えられる方法は以下の通りです。

  • 本で勉強する
  • セミナーに行く
  • たくさんのWebサイトを見て、真似してみる

本で勉強する

最低限何冊か本を買って勉強しましょう。

ご存知かもしれませんが、デザインには伝統的な法則というものがあります。

「黄金比」とか、そんなかんじのやつです。

あとは、「同じグループの要素はまとめる」とか、そんなのもです。

こういった法則を使うと、仮にセンスがなくても、ある程度マシなものが作れます。

ファッションとかも、「Aシルエット」とか、「Yシルエット」とか、オシャレに見える法則がありますよね。

それと同じです。

こういった最低限のルールは知っておきましょう。

ルールを片っ端から無視して、「奇才だ」と言われることもできるかもしれませんが、そういうデザインは一般的な企業には求められないです。

世の中の企業サイトを見てみればわかると思いますが、ほとんどのサイトは一定のルールのもとに作られています。

「企業サイトは信頼感を出すために青系」とか、「採用サイトは人の顔を全面的に出して安心感を演出する」とか、そんなルールです。

そのため、土台部分が似通っているWebサイトは非常に多いです。

こういった基本を学ぶために、
本を読みましょう。

書店に行って、「デザイン」コーナーの本を何冊か買ってみればOKです。

セミナーに行く

必ずしもセミナーである必要はありませんが、「デザイン」がテーマの集まりに参加してみましょう。

デザインは需要のあるテーマなので、
ちょっと調べれば見つかると思います。

最近はオンラインでのセミナー、勉強会が主流なので、どの地域からでも参加できると思います。

たくさんのWebサイトを見て、真似してみる

基本的なことを勉強したら、
実際に手を動かしてみましょう。

いろいろなWebサイトを見て、「この部分はなぜこのデザインなのだろう?」と考えてみましょう。

そして、実際に真似してデザインしてみましょう。

ちなみに、Webデザイナーを目指す場合、Adobe社の「illustrator」というツールを必須で使えるようになる必要があります。

あわせて、同じくAdobeの「Photoshop」や「AdobeXD」というツールも使えるようになるべきです。

これらのツールの練習をしながら、
気になるデザインを真似してみましょう。

また、気になるデザインのWebサイトを見つけたら、ストックしまくりましょう。

芸術家は「それは違う」と言うかもしれませんが、基本的にデザインは「既存の要素の組み合わせ」です。

0から生み出すのは難しいし、
生み出す必要はないです。

パクったら犯罪になりますが、レイアウトの組み方や見出しや箇条書きのデザインなどは、既存のものに少し手を加えるだけでもOKです。

コピペで使えるリストデザイン34選:CSSで箇条書きをおしゃれに

みんなこういうサイトを活用しています。

デザインのストックがたくさんあると、いざ自分が作るときに助けられることがあるので、日々たくさんのサイトを見て、ストックしておきましょう。

まとめ

もしも過去に戻れて、もう一度既卒やニート時代をやり直すなら、私はWeb制作(Webデザインやプログラミング)のスキルを身につけるために勉強します。

社会に出て、スキルの重要性を実感したからです。

でもまぁ、戻れないのでそんなことを考えても意味がないですけどね。

けれども、あなたは今、私が「もしも戻れたら」と思う世界を生きています。

私の意見を鵜呑みにする必要はありませんが、あなたと同じく既卒やニートを経験した私の人生のひとつの答えとして、「特定の会社に依存しないスキルを身につける重要性」をお伝えしました。

WebFight
スキルと勇気があれば
レールを外れても生きていける
人生を変える情報はいつも運命かのように見つかる
愚痴ばかりの飲み会には参加しない
つまらない会議では発言しない
普通の幸せは求めない
ゆるく生きるために
誰よりも真面目に働く
クレイジーでいこう
外野の目なんて気にしていたら
短い人生はあっという間に終わってしまうから
もしよろしければシェアお願いいたします。
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる