【読書は時間の無駄?】読まない本について考える

  • 読書に価値があると考えて、片っぱしから本を買って読んでいる
  • 本をたくさん読んでいるけど、人生が変わっている気がしない

「成功するためにはたくさんの本を読む必要がある。なぜなら、成功者の多くが読書家だからである」

成功を夢見て読書をする人たちの多くが、上のような言葉をどこかで目にしたことがあると思います。

私もその一人です。

Microsoftの創業者であるビル・ゲイツ氏や、世界一の投資家ウォーレ・バフェット氏が読書家なのは有名です。

実際のところ、知識の有無が結果を左右する場面は多々あるので、読書に効果があることは間違いないです。

ただ、あまりにも読書にこだわり続けるのは微妙です。

読書の力を信じていて、本棚に5,000冊以上の本がある私が考える「読書論」についてです。

目次

読書は重要だが、無駄になるケースも多い

もしかして読書って無駄?

読書が重要だということは、私が言うよりも、世の中の成功者に証明してもらったほうが信憑性が高いと思います。

実際、世の中の成功者の多くが読書家です。

私が身近で直接聞いた話でも、
成功者=読書家のケースが多いです。

  • フリーランスとして何千万円/年と稼いでいる人は、「自分の専門分野の本を全部読んでいる」と言っていました
  • 所属していた会社の役員は、ビジネス書を大量に読んでいました

成功者の自伝を読んでいても、
習慣的な読書をしている人たちが多いです。

ただ、これは理由の後付けの面もあり、
「読書=成功の必須条件」ではないです。

本なんて一冊も読まずに成功できる人もいるし、たぶん世の中の本をすべて読んでも成功できない人もいます。

そして、私自身の経験から言えることは、読書は重要だが、無駄になるケースも多々あるということです。

私はこれまでに大量の本を読んできましたが、今になって思えば、そこまでやる必要があったのか疑問を感じています。

それは、次のような理由からです。

  • 読みまくってもほとんどアウトプットできない
  • お金がかかる

「お前のせい」と言われたら「おっしゃる通りです」という話なのですが、大量に本を読んでも、正直言ってアウトプットができないです。

読んだ本すべての教えをアウトプットできたら、もしかしてすごい結果が出るのかもしれませんが、実際には、読んだ本のうち数%程度の教えしか実行できていません。

であれば、読まなくても同じだったのではないか?というのは少し思っています。

また、お金がかかるというのは言葉通りなのですが、仮に1冊1,000円の本を1日1冊購入して読んだとしたら、年間365,000円かかる計算です。

私は、基本的に1日1冊、多いときは3冊くらい本を読みます。

実際には中古本を購入したり、一冊5,000円くらいの本も買っているので、365,000円ではないですが、仮に本を一冊も購入していなかったら、その分のお金が残っていたことになります。

それが仕事に直接的に関係のある本なら構わないのですが、「日本の未来」とか「人工知能」とか、興味本位で買っている本をたくさんあります。

自分で言うのもアレですが、こういう興味本位で買った本って、お金の無駄だと思っています。

ただ、とは言っても、読書から様々な恩恵を受けてきたことは間違いないです。

仕事でもそうですし、
人生でもそうです。

子どもの頃は「ハリー・ポッター」にどハマりして想像力を養われたし、業界の専門家が残してくれた専門書のおかげで、仕事で成果を出すことができました。

だから、読書は重要だし、
死ぬまでこの習慣は続けていくつもりです。

けれども、読書に無駄な面があるのは事実なので、何か考えていかなければなりません。

そこで考えたことが、
「読まない本」についてです。

読まない本について考える

「読まない本」について考える

ビジネス系の雑誌などで、「今読むべき本50選」「起業家が選ぶオススメ本」みたいな企画ってよくありますよね。

ネットの情報でも、
同じような企画は溢れています。

普段あまり本を読まない人にとっては、間違いのない本をオススメしてくれるありがたい企画ですが、普段から読書をたくさんする人にとって必要なのは、「どんな本を読まないか?」を考えることです。

なぜ、「読まない本」について考える必要があるのか?

それは次の理由からです。

  • お金に限りがあるから
  • 時間に限りがあるから
  • 有害な情報をインプットしてしまう可能性があるから

お金や時間を際限なく使える人は、片っぱしから購入して、1ページ目だけ読んで、「読む、読まない」を判断するみたいな方法でも良いかもしれません。

でもほとんどの人にとっては、
それは使えない方法です。

実際にはお金や時間に限りがあるので、「どの本を読むべきか?」を慎重に選ぶ必要があります。

そこで必要なのが「どんな本を読まないか?」のルールを作ることです。

「どんな本を読まないか?」って、「どんな本を読むか?」を逆にしたような話ですが、「どんな本を読むか?」が範囲が狭く具体的なのに対して、「どんな本を読まないか?」は、もう少し広いルールのようなものとして設定しています。

再現性のない内容の薄い本

たまたま運よく成功した人たちが、「ちょっと本出してみました」みたいなノリで書いた本は無駄です。

理由は、書かれていることに再現性がないからです。

たとえば、投資で言うなら、「誰でもできる!3ヶ月で○万円を○万円にした手法」みたいな本です。

大学生くらいの頃はこういった手の本をよく読んでいましたが、お金と時間の無駄になるのでやめたほうが良いです。

この手の軽いノリで書かれている本って、内容が簡易的だし、読みやすいので、つい手に取ってしまいがちです。

でもその代わり、書かれている手法には再現性がなかったり、古典の焼き直しだったりする場合が多いです。

であれば、その分野の古典的な本を買って、
その本を何回も読み直したほうが有益です。

小説

あくまでもビジネスや経済的な成功に限ってですが、小説を読むのは無駄です。

理由は、小説は何かを学ぶためにあるものではなく、娯楽のためにあるものだからです。

「小説にはたくさんのヒントが隠されている」と考えている人は読めば良いですが、私は無駄だと考えています。

私はニート時代に、片っぱしから海外ミステリー小説を読み漁りました。

コナン・ドイルの『シャーロック・ホームズ』から、レイモンド・チャンドラー、コリン・デクスターなど、たくさんの本を読みました。

ミステリーだけでなく、村上春樹、ゲーテ、ヘッセなども読みました。

ではそれが何か役に立ったかと言われたたら、「NO」です。

読解力や文章の表現力などは鍛えられたかもしれませんが、小説をいくら読んでもお金は一銭も稼げませんでした。

リアルタイムでやっていないことに関する本

リアルタイムでやっていないことに関する本を読むのも無駄です。

理由は、忘れるからです。

貯金や災害など、「備え」をしておくのは、
基本的には大事なことだとされています。

ただ、読書について言えば、備えは無駄です。

過去の私は、「いつか来るかもしれない出来事」に対して、本を使って備えていました。

  • 災害
  • 万が一事件に巻き込まれたときのための防衛方法
  • 起業
  • 起業したときのための経理
  • 親の介護

では今、かつて読んだ本の内容を覚えているか?と聞かれたら、「NO」です。

ハッキリ言ってまったく覚えていないです。

読書が役に立つのは、リアルタイムで行動していることに関する本を読んだときです。

心配性な人や好奇心の強い人は、「いつかこの知識が役に立つかも」と考えますが、そのいつかがもしも来たとしても、きっと内容を忘れています。

でも今現在やっていること、たとえばフリーランスとして経理をやらなければならなくなったときに、『フリーランスのための経理の本』みたいな本を読んだら、必ず役に立ちます。

私がそうなのですが、読書好きの人は、書店に行くとすぐに「これおもしろそう」と買う予定のなかった本に食いついてしまうと思います。

でもその本がリアルタイムでやっていることに関係がないなら、無駄になる可能性が高いので買わないほうが良いです。

まとめ

人生には人それぞれブレイクスルーのような出来事があると思いますが、私の場合は、読書がその一つです。

小学5年生くらいの頃に読書の楽しさに気づいて、大人になった今でも読書をしています。

たくさんの気づきをもらったし、助けらてきました。

でもなかには、無駄なお金、無駄な時間を使ったケースも多かったのは事実です。

もしもあなたがどこかで、「成功者は読書家」という言葉を見て、それを信じて読書をしているなら、それは素晴らしいことです。

ただ、無駄な読書もあるということを知っておく必要があります。

読書は重要ですが、
必須ではありません。

読書はお金や時間を消費するので、そればかりに時間を使っていては、最も大事な「行動」にお金や時間を使えなくなってしまいます。

それでは本末転倒です。

あわせて読みたい
【時間の無駄?】時間があるときに読書するのがもったいない理由 毎日読書していますが、読書するのは「時間がないとき」です。時間があるときはもったいないので読書はしません。 【時間があるときに読書はもったいない】 読書は素晴...
あわせて読みたい
【もう本を読む時間がないなんて言わせない】年間365冊以上本を読む私の読書法 毎日仕事が忙しくて本を読む時間がないです。 一日一冊以上本を読む習慣を8年くらい続けている私が読書時間の作り方について書きます。 【忙しくても本を読む時間はある...
WebFight
スキルと勇気があれば
レールを外れても生きていける
人生を変える情報はいつも運命かのように見つかる
愚痴ばかりの飲み会には参加しない
つまらない会議では発言しない
普通の幸せは求めない
ゆるく生きるために
誰よりも真面目に働く
クレイジーでいこう
外野の目なんて気にしていたら
短い人生はあっという間に終わってしまうから
もしよろしければシェアお願いいたします。
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる