【真実は犬も食わない】本当のことを伝えても喜ばれない

  • 営業でなかなか売れない人
  • 空気が読めずに人を怒らせてしまう人

誰もが子どもの頃に、「嘘を言ってはいけません」と教えられましたよね。

ただ現実の世界では、真実をそのまま伝えると怒られることもありますし、たいていの人間関係は、真実を伝えないことでうまく成り立っています。

とくに、仕事の場ではそうです。

人と人との微妙なニュアンスでの関係を築けない人間は、「大人の発達障害」とか「社会不適合者」とか言われたりもします。

真面目な人にとっては、
ちょっと困惑する世界ですよね。

目次

真実なんて誰も求めていない

本当のことは言ってはいけない

誰もが子どもの頃に「嘘を言ってはいけない」と教えられますが、「真実を言いなさい」とは教えられないのが、大人の社会を実によく表しています。

そうです、大人はみんな、
真実なんて求めていないです。

「いや、そんなことはないだろ」と思うかもしれませんが、仕事の場や、普段の生活を思い出してもらえれば、納得していただけるはずです。

たとえば、営業で売れる人は、真実を伝えた人ではなく、次のような人たちです。

  • 将来に対する明るい希望をイメージさせるのがうまい人
  • 危機感を煽るのがうまい人

たとえば、私はSEO対策のサービスなどを売っているのですが、仮に、相談を受けた人に対して「あなたの会社のサービスは微妙なので、SEO対策をやっても効果が出ませんよ」と言ったら、他の人や会社に相談をしに行くはずです。

SEO対策だけではなく、
HP制作なども同じです。

真実を伝えたら喜んでくれると思いきや、
むしろ逆効果になります。

何かを売るときだけではなく、コンサルティングの仕事をしていてもそうです。

「ヤバいです」とバカ正直に伝えると、
たぶんクビになります。

また、ネットで何かを売るときも同じです。

真実をありのままに伝えるよりも、たとえ結果が出なくても、明るい未来をイメージさせたほうが、消費者からは喜ばれます。

世の中のアフィリエイターのほとんどは、嘘は言っていないとは思いますが、少なくとも本当のことも言っていないです。

※稼げる系の人たちのことです。

人との関係もそうですよね。

「この服装似合ってる?」と聞かれたときに、明らかに似合っていなくても、真実を伝えないですよね。

婚活や人生相談でも、明らかに詰んでる人が相談に来たとしても、「あなたはもう終わってます」とは言いませんよね。

さすがに「終わってます」と言ったらひどいですが、終わっているならそれなりの方向に進むべきなのに、「大丈夫ですよ」とか言って、サービスを契約させますよね。

よくネットニュースなどで、芸能人が奇抜なファッションやスッピンなどを披露したときに、「おしゃれすぎ」「綺麗すぎ」みたいな感想と一緒に取り上げられますが、明らかに「それはないだろ」と思うことってありません?

外国人から「日本人は本心がかわからない」なんてよく言われますが、「嘘を言ってはいけない」と言われつつ、真実を言う勇気もないので、モゴモゴしているのではないかと思います。

人とうまくやっていきたいなら、真実はしまっておこう

真実は引き出しに

外国人の評価はさておき、営業にせよ、恋愛にせよ、人とうまくやっていきたいなら真実は言わないほうが良いです。

結婚して家族になったらまた変わるのかもしれませんが、浅い恋愛なら真実を伝えないほうが幸せにやっていけます。

このブログではわりと「今からやっても稼げない」とか「ほとんどの人が失敗する」とか、ストレートに伝えてしまっていますが、もしもあなたが情報商材などを売っていきたいなら、真実は言わないほうが確実に売れます。

ただ、だからと言って、
嘘を言ったら詐欺ですよ。

そうじゃなくて、ポイントは、
真実を言わないということです。

WebFight
スキルと勇気があれば
レールを外れても生きていける
人生を変える情報はいつも運命かのように見つかる
愚痴ばかりの飲み会には参加しない
つまらない会議では発言しない
普通の幸せは求めない
ゆるく生きるために
誰よりも真面目に働く
クレイジーでいこう
外野の目なんて気にしていたら
短い人生はあっという間に終わってしまうから
もしよろしければシェアお願いいたします。
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる