【肩書や社内の評価に意味はない】会社を辞めたら君のやってきたことは灰になるんだ

組織の中で必要以上に人目を気にし過ぎてしまう方や出世競争に疲れている方へ。

この記事は会社を辞めて外の世界で生きていきたいと思っている方向けの記事です。

目次

将来を見据えてやるべきことをやる

もしもあなたが将来、会社の外の世界で生きていきたいと思っているなら、気にするべきことは社内での評価や肩書ではなく、あなた自身の経験やスキルです。

一歩会社の外に足を踏み出したら、頼るべきものはあなた自身の経験やスキルで、会社に所属していた頃の肩書や社内での評価ではありません。

ブランドネームのある会社に所属していたことや所属していた会社からの顧客の紹介に頼れる人たちもいるかもしれませんが、あなたがそういう環境にいないなら、会社の外の世界に出た瞬間、あなたの会社の中での肩書や評価なんかは全て消えてなくなります。

会社の外の世界で必要なことと会社の中で必要なことは違う

会社の外の世界は、果てしなく自由であり、そして一方で残酷な世界です。

私は過去に会社に所属せずに生きていこうと試みたことが2度あるのですが、2度とも失敗しています。

組織に所属しないという生き方はどこまでも自由な生き方ではありますが、能力や経験、覚悟のない者にとってはあまりにも厳しい世界です。

私の場合、能力や経験がなかったために失敗しました。

その経験からわかったことは、会社の外で生きていくためには、組織の中で生きていくためのルールとは別のルールを知らなければならないということです。

上司や同僚の評価なんて所詮は会社の中だけのもの

もしも今あなたがどこかの会社に所属しているのなら、おそらく上司や同僚の評価を気にしていると思います。

まわりから評価されるのは悪いことではありませんが、一方でまわりの評価を気にし過ぎることには意味がないとも言えます。そのために疲弊しているのならなおのことです。

外の世界には上司や同期なんていません。評価されるべきは身内ではなく顧客です。

お客さんに評価されればビジネスは軌道に乗りますが、そうでなければ破産します。

会社の中にいると、評価されるべきは「上司>顧客」みたいなかんじになっているかもしれませんし、実際そのルールに従えば給料が上がるかもしれませんが、外の世界ではそのルールは通用しません。

会社の外に出たら、君は何者でもなくなる

あなたが今大企業に勤めているのなら、もしかしたら銀座や六本木あたりでモテモテかもしれません。

大企業じゃなくたって、正社員ってだけで恋人を安心させるかもしれません。ですがあなたが会社を辞めた途端、世間からの評価は一変します。

ビジネスが軌道に乗ればヒーローとして周囲から賞賛されるかもしれませんが、そうでなければゴミみたいな目で見られます。厳しい表現ですが、実際にこの通りだと思います。

経験やスキルに焦点を当てる

ではどうするべきかと言うと、
経験やスキルに焦点を当てるべきだと思います。

全く意味がないとは思えませんが、社内政治とか上司のご機嫌取りとか、そんなものは一歩会社の外に出たら灰になります。

ですが経験やスキルは消えてなくなりません。

私の実体験を踏まえても、かつて会社で身に着けたスキルやそこでの経験は無駄になってはいません。

たとえばクレーム処理だって、
その時はめんどくさかったですが、その後も活きています。

人前で言うと「変わってるね」と言われるのですが、私は会社に所属している時はできるだけたくさんの問題に直面したいと考えています。なぜなら、その経験は外の世界に出た時に役に立つからです。

もしもあなたが会社の外の世界で生きたいと思っているのなら、会社に所属している間に焦点を当てるべきなのは、社内の評価や肩書ではなく、経験やスキルだと知っておくべきですし、そのために行動するべきです。

WebFight
スキルと勇気があれば
レールを外れても生きていける
人生を変える情報はいつも運命かのように見つかる
愚痴ばかりの飲み会には参加しない
つまらない会議では発言しない
普通の幸せは求めない
ゆるく生きるために
誰よりも真面目に働く
クレイジーでいこう
外野の目なんて気にしていたら
短い人生はあっという間に終わってしまうから
もしよろしければシェアお願いいたします。
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる