「何をやってもダメだ」と思ってしまう自分と向き合う

  • 「自分は何をやってもダメだ」と思ってしまう
  • 何をやってもダメなので、「挑戦しても意味がない」と思ってしまう

「何をやってもダメだ」と思ってしまうことってありますよね。

私も、何度も何度も「自分は何をやってもダメだ」と思ってきました。

就職が決まらずに卒業した既卒時代とか、ニート時代とか、就職しても仕事ができなくて自分に失望したこととか、「自分はダメだ」と思うような場面を何度も経験してきました。

今でも、「何をやってもうまくいかない、自分はダメな奴だ」と思うことがあります。

でもあまりにも何度も思い続けてきたので、「そんな自分と向き合うコツ」みたいなものも少しわかるようになりました。

目次

「何をやってもダメだ」と思ったときには

失敗、からのまた失敗

世の中って、やることなすことすべてがうまくいく人もいれば、逆に、何もうまくいかない人もいますよね。

そこまで極端じゃなくても、たいていの人は、「何もかもうまくいく時期」「何もうまくいかない時期」を過ごした経験があると思います。

人生は解釈によって見方が変わるので、実際には、うまくいかない時期でも、実は小さな成功を重ねていたり、必要な時期だったりします。

でもそれは後付けで、
そのときはすごく苦しいですよね。

ただ、私はの場合、あまりにも頻繁に経験するので、最近では「またいつものやつでしょ?」と思うレベルになっています。

そして、そんな時期の対処方法もいくつかあるので、それを共有します。

  • 過去の成果を思い出す
  • 人がたくさにる場所に身を置く
  • 得意なことで勝負する

過去の成果を思い出す

一つ目は、「過去の成果を思い出す」という方法です。

何もうまくいかなくて、「自分は何をやってもダメだ」と思ってしまう人って、おそらく過去の小さな成果を忘れてしまっていると思います。

本当は過去に何らかの成果を出しているのに、でも忘れてしまっているから、「自分は何をやってもダメだ」と思っているのです。

「いや、マジで何もうまくいっていないんだ」と言う人もいるかもしれませんが、そういう人だって、探せば何か見つかります。

  • けっこうすごいことなのに、他人と比較して「こんなことくらい」と考えている
  • 客観的に見たらすごいことなのに、「すごい」と気づいていない

「マジで何もない」と言う人は、↑のようなかんじだと思います。

過去を思い出してみましょう。

たとえ今、借金を背負っていても、ニートでも、リストラされても、きっと過去にはいくつもの素晴らしい成果があるはずです。

たとえば、良い高校、大学に合格したとか、会社で出世したことがあるとか、仮にあなたが「いや、そんなたいしたことじゃない」と思ったとしても、他の人からしたら、「けっこうすごい」ことってたくさんあります。

たとえば主婦の人でも、結婚したことも成果のひとつだし、子どもを育てたとか、作った料理を「おいしい」と言われたとか、そういうのもすべて、それを必死で目指している人にとっては立派な成果に思えます。

私はスマホのメモ帳に「自分が過去に成し遂げてきたこと」をメモして持ち歩いています。

そして、「自分の人生何やってもダメだな」と思ったときに見ています。

「みんな、本当はたくさんの夢をかなえてきてんねん。でも、周りと比べて『たいしたことない』て思てもうたり、かなえた夢に新しい夢を上書きしてもうたりして、なかったことにしてもうてんねんな」

『夢をかなえるゾウ4 ガネーシャと死神』水野敬也 文響社 2020年7月 P312

ガネーシャもこう言っています。

人がたくさにる場所に身を置く

二つ目は、「人がたくさんいる場所に身を置く」という方法です。

人と比較することはあまりよろしくないとも言われますが、一方で、人と比較することで、過小評価している自分の評価を見直すこともできます。

「何をやってもダメだ」と落ち込むときときって、まわりのレベルが高すぎる環境に身を置いていたり、自分一人の環境で戦っていたりするケースが多いのでは?と考えています。

であれば、人がたくさんいる場所に身を置けば、問題は解決できるのではないか?という考えです。

たとえば、オリンピックの水泳で最下位の選手を想定しましょう。

その選手は、最下位なので、レースの後に「自分はなんて遅いんだ、ダメなんだ」と思うかもしれません。

でも一般人からしたら、オリンピックに出ているだけですごいし、一般人が競争したら、きっと負けると思います。

まぁ現実の世界で、オリンピック選手が全然泳げない一般人を打ち負かして、「イエーい、アンビリーバボー、叩きのめしてやったぜ」とか言ってたら人間性を疑いますが、オリンピックなんかは、「まわりのレベルが高すぎる環境」の一例です。

学校の勉強でも、「できる」と言われていたのに、特別クラスに入った途端、自信をなくすみたいなことって、あると思います。

また、浪人をして自分一人で勉強していたり、フリーランスとして自宅で一人で仕事をしていたりする場合などは、比較対象が身近にいないので、ネットでうまくいっている人を見つけたり、頭の中で大きな比較対象を作ってしまったりして、「自分はダメだ」と思い込んでしまったりします。

こういったケースの場合、
人がたくさんいる場所に身を置くのもオススメです。

たとえば、
勉強会に出てみるとか、
習い事に通うとかです。

勉強会など、みんなが一斉に同じことをする場面でも、たくさんの人が集まれば、必ずできる人とできない人とが出てきます。

自分ができない側に入って自信をなくす可能性もありますが、できるほうに入れれば、「あれ、自分って意外にできるな」と思えます。

私の場合、資格を取得することで、
何度も自信を取り戻すことができました。

たとえば合格率が30%の資格があったとして、自分が受かったなら、少なくとも不合格の70%の人たちよりも、その資格に限って言えば「優れている」と言うことができます。

これはけっこうな優越感です。

「自分は何をやってもダメだ」と思ってしまう場合には、資格に合格して自信を取り戻す方法もオススメです。

不合格になったら余計に自信をなくすので、
頑張らないとダメですが。

あわせて読みたい
【何度も資格試験に不合格?】自分に合った勉強方法の見つけ方 資格試験に不合格になってしまった方勉強しても全然できるようにならない方もっと効率的な勉強方法を知りたい方 【効率的に学習するためには、勉強方法を学ぶ必要がある...

得意なことで勝負する

これは私の人生で痛いほど味わってきたことなのですが、「何をやってもダメ」「成果が出ない」人って、自分が苦手なフィールで勝負をしている可能性もあります。

どうですか?

思い当たる節はありませんか?

たとえそれが好きであっても、
苦手なことで勝負すると成果が出づらいです。

逆に、たとえあまり好きになれなくても、得意なことで勝負すると、ある程度成果を出せます。

私は、学生時代に居酒屋のバイトの体験入店で「君には向いてないから他の仕事をしたほうが良い」と言われたことがあるのですが、その理由は、私にコミュニーケーション能力がなかったからです。

その居酒屋は、個人経営のお店だったのですが、オーナーが「コミュニーケーション」を非常に重要視していました。

まぁどこの居酒屋でも同じだと思いますが。

そこに現れたのがコミュニーケーション能力の低い私です。

つまり、ミスマッチしたわけです。

それから長い間、この一件は心の傷になっていたわけですが、今では「まぁそりゃそうだろうな」とわかります。

人の能力は多少は伸ばすことができるので、苦手なことであっても、頑張れば克服できる可能性があります。

ですので、コミュニーケーション能力が低い人でも、頑張れば普通レベルくらいまでは高めることができます。

ただ、苦手なことを克服するのは大変だし、仮に「低い→普通」になったとしても、生まれつき「普通」で苦痛を感じていない人や、生まれつき「高い人」、努力して「普通→高い」になった人に勝つのは難しいわけです。

私は接客や営業、ナンパなど、コミュニーケーション能力を必要とするものをたくさんやりましたが、元の能力が低いと、正直言ってかなりきついです。

でもある日、
私の人生にブレイクスルーが起きました。

それは、パソコンとWebライティング(コピーライティング)に出会ったときのことでした。

また、プログラミングやSEO対策との出会いもその一つです。

わかったことは、パソコンがあれば、つまらない話に愛想笑いをしなくても、嫌いな電話に出なくても、お金を稼ぐことができるということでした。

パソコンに出会ったことで、私はそれまでの人生で一度も感じたことのなかった「働くことが楽しい」という感覚を知ることができました。

だからこそ、私は声を大にして言いたいです。

今の仕事、あなたに合っていますか?

苦手なことで勝負していませんか?

あわせて読みたい
会社の電話対応で噛みまくって電話恐怖症になってしまった人は転職しよう※経験談 この記事はこんな方に向けて書いています。 電話対応時によく噛む噛まないように練習したり色々なことをしたけれど改善されない電話恐怖症になってしまった 【会社の電...

まとめ

それでは今回の話は以上です。

「何をやってもダメだ」と思ってしまうときの対処方法として、3つの方法をお話ししました。

  • 過去の成果を思い出す
  • 人がたくさにる場所に身を置く
  • 得意なことで勝負する

とくに「得意なことで勝負する」というのは、
人生を生きやすくする秘訣です。

対面でのコミュニーケーションが最重要視される仕事を続けていたら、私はきっと毎日疲弊していたと思います。

でも、「これならけっこううまくできるな」と思うことを見つけたことで、それまでが嘘みたいに生きやすくなりました。

もしもあなたが「自分はダメだ」といつも思っているなら、もしかしたらその環境が合っていない可能性もあります。

この機会に、見直してみるのもありです。

WebFight
スキルと勇気があれば
レールを外れても生きていける
人生を変える情報はいつも運命かのように見つかる
愚痴ばかりの飲み会には参加しない
つまらない会議では発言しない
普通の幸せは求めない
ゆるく生きるために
誰よりも真面目に働く
クレイジーでいこう
外野の目なんて気にしていたら
短い人生はあっという間に終わってしまうから
もしよろしければシェアお願いいたします。
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる