【山あり谷あり】人生はテクニカルチャート

  • 「このまま生きていて、良いことがあるのかな?」と思っている人
  • 生涯のパートナーを選ぶときに、相手の将来性について気になる人

株式のチャートの画面を見ていると、
「なんか人生みたいだな」と思うことがあります。

そして同時に、このチャートの考え方を使えば、「自分の人生が今後どうなるか?」とか、「目の前の相手に将来性はあるのか?」とかもわかるのではないかと思いました。

目次

人生はテクニカルチャート

テクニカルチャート

ご存知のない方のためにご説明すると、テクニカルチャートというのは、株式や仮想通貨、為替などに投資する際に使用されるグラフのようなものです。

上記画像のようなもの

たとえば、チャートが右肩上がりなら、「このまま上がり続けるだろう」と考え、株を購入したりします。

逆に、右肩下がりなら、「今後も下がる可能性が高い」と考え、株を売ったりします。

つまり、未来の予測に使えるわけです。

チャートを未来の予測のために使う根拠は、「未来は過去に影響を受ける」と考えられるためです。

投資業界では、「テクニカルチャートは意味がない」という意見もありますが、長年使われきた手法でもあります。

そしてこのテクニカルチャートは、人生においてもある程度使えると考えています。

未来は過去に従う

というかむしろ、
人生においてより有効だと考えられます。

なぜなら、人の人生は、
過去の積み重ねによって形成されるからです。

たとえば、医者になるためには医学部を卒業しなければならないため、医療の勉強を何もしていない人間が、1ヶ月後に突然医者になることはあり得ないです。

普通、ある人が医者になるかどうかは、その人の6年前をチェックすればほぼ確定的に判断できます。

これは人生の傾向(トレンド)という点においても使えて、たとえば、「生まれてから一個も良いことがない」という20歳の人がいたとします。

右肩下がりの人のチャート

↑のようなチャートを描きます。

ちなみに、ひとつひとつの棒は、
人生の中での出来事を指しています。

幸せと感じるかどうかは主観的なものですが、仮にいくつかイベントを入れてみましょう。

↑のような人生の人がいた場合、20歳以降の人生も良いことがない可能性が高いです。

  • 20年生きてきた良いことがなかったなら、これから先も良いことがない可能性が高い
  • 悪い出来事が、悪い出来事を連鎖的に引き起こしている

「もう生きるのが嫌だ」という人に対して、「生きていれば良いことがあるよ」という人もいますが、下降トレンドの人については、生きていくのがあまりにも苦しすぎる可能性もあります。

これは結婚相手を選ぶときなどにも使えます。

「人生のチャートを書いてみて」とバカ正直にお願いするのは無理ですが、次のようなことを聞いてみることです。

  • 人生で楽しかったこと、嬉しかったこと
  • 頑張ったこと、頑張って成果が出たこと
  • 悲しかったこと

「受験で頑張って偏差値の高い大学に入学した」とか「仕事を頑張って出世した」とか、右肩上がりに結果を出している人は、今後も結果を出し続ける可能性が高いです。

逆に、これといって誇れる結果を出していなかったり、プラスの感情を引き起こす出来事が少なかったりするなら、一緒にいても幸せな生活は送れないかもしれません。

山と谷を繰り返していく

上昇トレンド、下降トレンドといった大きな流れもありますが、たいていの人の人生は、山と谷を繰り返して進んでいきます。

たとえば、起業家のチャート
たとえば、一発屋芸人のチャート

↑のようなチャートは極端ですが、ごく平凡的な人でも、「良いとき」と「悪いとき」を短期、あるいは長期に繰り返して生きていきます。

ここで言えることは、過去に山あり谷ありの人生を生きてきたなら、たとえ今が山でも落ちることはあるし、谷でも上がることはあるということです。

つまり、山のときは調子に乗っちゃダメだし、谷のときでも死んじゃダメです。

人生を短期的に見ると、「もう終わってんな」と思うほどひどいときもありますが、もっと広いスパンで見れば、それほど騒ぐことじゃないはずです。

「人生は棒グラフのようなもんだ」と思っていれば、短期的な「嬉しい」「悲しい」にあまり動じなくなります。

同じように生きていたら同じような人生にしかならない

平凡な人のチャート

投資の場合には、必ずしも未来は過去に従うとは限りませんが、人生の場合は、たぶん平凡な人の人生は、そのまま平凡に終わる可能性が高いです。

若い頃に大した成果を残せなかった人の人生は、そのまま大した成果を残せず終わる可能性が高いです。

人生は自分が行ってきたことの結果だからです。

だから同じように生きれば、同じような人生が形成されていく可能性が高いです。

ですので、もしも「もっと収入を上げたい」とか「もっと良い思いがしたい」と思っているなら、過去の自分と何かを変えなければなりません。

具体的に何をやれば変わるかは個人次第ですが、たとえば私が「これをやったら変わった」と思っているのは、次のようなことです。

  • 朝5時台に起きるようになったこと
  • 朝6時から仕事をするようになったこと
  • 転職によって適職を見つけたこと
あわせて読みたい
【朝型生活】朝5時台の電車で勉強している会社員はどんな生活をしているのか 朝5時台の電車で仕事や資格の勉強をしています。夜型の生活から朝型の生活に変えたことで人生が変わりました。 【朝型生活は良いことばかり】 朝型生活は良いことばかり...
あわせて読みたい
【好きなことを仕事にする】好きなことを見つけるためなら、20代を棒に振る価値はあると思う 2020年初記事なので、ちょっと人生哲学のような記事を書きます。 20代の方やりたいことが見つからない方今やっている仕事に楽しさや、やりがいを感じていない方 「分か...

まとめ

人生って不公平なので、生まれたときから上昇トレンドの人生の人もいれば、何をやっても空回りするような下降トレンドの人生の人もいます。

「頑張れば這い上がれる」とか「人生良いこともある」とか言う人もいますが、私はそれが必ずしも真実だとは思えません。

ただ、仮にずっと下降トレンドの人生であっても、何らかのアクションを起こせば、人生からのフィードバックがあることは事実です。

私は一度試してみましたが、暇があったら「これまで経験した出来事」と「そのときの感情」をチャートの形で表してみると良いです。

そしたら、数年後の自分の人生がなんとなくわかります。

そして、それを実現されるために、あるいは避けるために「何をやらなければならないか」も見えてきます。

WebFight
スキルと勇気があれば
レールを外れても生きていける
人生を変える情報はいつも運命かのように見つかる
愚痴ばかりの飲み会には参加しない
つまらない会議では発言しない
普通の幸せは求めない
ゆるく生きるために
誰よりも真面目に働く
クレイジーでいこう
外野の目なんて気にしていたら
短い人生はあっという間に終わってしまうから
もしよろしければシェアお願いいたします。
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる