なぜスキルこそが最重要だと考えているのか

「今すぐに来てほしい」

この質問に対して、どれだけの人が「YES」と答えられるだろう?

社会人になったばかりの頃は、会いたい人に、会いたいときに会えないことが嫌だった。

デートの最中に、翌日の仕事のことを気にしなきゃならないのが、嫌だった。

「仕事」か「プライベート」か。

「仕事」か「家庭」か。

「仕事」か「私」か、
「仕事」か「ペット」か。

世の中には、「仕事」か「何か」を天秤にかけられるような場面がある。

私の答えは、
いつも「仕事以外の何か」だった。

けれども世の中はそれを許してはくれなかった。

「仕事に行きたくない」と思っても、電車に乗らなければならなかったし、一緒に暮らしているペットの元気がなくても、お客に愛想笑いをしなければならなかった。

でも本当は、
もっと別の生き方がしたかった。

会いたい人にすぐに会いに行けて、翌日のことなんて気にせずにデートしたり、クラブでお酒を飲んだりしたかった。

もっと別の生き方がしたかったけど、それができるかはわからなかったし、そもそもそんな世界があるかもわからなかった。

でも現実には、そんな世界が確かにあった。

たしかに、人生というのは制限も多いけど、人間が想像できるような、たとえば「毎日遊んで暮らしたい」とか、「会社に入りたくない」とか、その程度の望みは叶う。

そしてその望みを叶えるための鍵がスキルだ。

お金を稼ぐ力、生活する力。

それこそが、「仕事」or「何か」という問いに対して、「自分にとって大事な何か」を選択する唯一の方法なのだ。

「お金こそが大事」という意見はあるし、実際その通りなのだけど、お金を稼ぐ力がないと、減っていくばかりだから、それって不安な生活にならないだろうか。

「失敗しても大丈夫」

「会社を辞めても生きていけるから問題ない」

自信や安心というのは、
スキルという根拠があってこそ成り立つ。

だからこそ、誰もがスキルを追うべきだと思う。

逆に、自分の力でお金を稼ぐ力がないと、嫌いな人にペコペコしなきゃならなくなったり、大事な何かを差し置いて、憂鬱な電車に乗らなければならなくなる。

スキルの積み上げがなかったり、実績が自分のものにならない仕事では、どれだけ頑張っても報われない。

その先にあるのは、
同じことの繰り返しだ。

ひたすら会社の電話に出続けても、
何も積み上がってはいかない。

永遠と続く平行線の中で、
どれだけ歩いても報われない。

きみはそんな地獄のような毎日を送ったことがあるだろうか?

望むようなライフスタイルの実現や、生きる自信を手に入れたいのなら、常に自分のスキルを意識していく必要がある。

「ところで、きみに何ができるのかね?」

この問いに対して、口ごもってしまったり、「社内では誰からも信頼されて」みたいな答えしか出てこないなら、仮にキャリアとしては成功でも、ライフスタイルという意味では失敗だろう。

そういう人は、会社が倒産したら途端にどん底に落ちるし、意気揚々と早期退職したところで、起業や転職に失敗して詰む。

取り返しなのつかない年齢になって、
はじめて気づくんだ。

「ところで、きみに何ができるのかね?」

この質問に真面目に向き合ってこなかったツケを、いつか取らされることになるんだ。

会社に所属しているとわかりづらいけれど、お金というのは、社内会議をしたり、タイムカードを押したりする結果、生まれるものではない。

お金というのは、誰かが商品やサービスを作って、誰かが売って、その瞬間に生まれる。

でも会社にいると、それぞれの仕事が細かく分けられているから、どの瞬間にお金が生まれているかが見えにくい。

その結果、ちょっと人より仕事が早いとか、お客とコミュニケーションを取るのがうまいとか、狭い領域で、「仕事ができる」と判断される、思い込んでしまう。

ところが実際には、「仕事ができる」と思われていた人間も、会社の看板を外した途端、「全然うまくいかなくなった」という例も多い。

それはひとえに、「仕事ができる=スキルがある」と思い込んでしまった結果だ。

難しいのはその見極めだ。

いま自分が頑張っていることは、
果たして明日につながるのだろうか?

手っ取り早く確認する方法は、クラウドソーシングなんかで仕事を受注してみることだ。

結局のところ、需要がなければ、いくら「俺はできる」と主張しても意味がないのだから。

あるいは、転職サイトに登録してみるのも良いかもしれない。

そうすれば、自分の専門職としての市場価値がわかる。

「結局のところ、何ができるんですか?」

実のところ、過去に一度、
お客に言われたことがあった。

その場を取り繕うとことはできたけれど、その後もずっと、この問いが頭に残っていた。

何か色々できそうだけど、
結局のところ何ができるのだろう?

自分に何ができるのだろう?

過去の自分は、電話対応とか、ただ事務的にパソコンを扱うことに時間と労力を使っていた。

あの日々はあの日々で意味はあったけど、結局のところ自分には何もなかった。

何も残らなかった。

「ところで、きみに何ができるのかね?」

WebFight
スキルと勇気があれば
レールを外れても生きていける
人生を変える情報はいつも運命かのように見つかる
愚痴ばかりの飲み会には参加しない
つまらない会議では発言しない
普通の幸せは求めない
ゆるく生きるために
誰よりも真面目に働く
クレイジーでいこう
外野の目なんて気にしていたら
短い人生はあっという間に終わってしまうから
もしよろしければシェアお願いいたします。
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる