【基本〜応用】初心者向けSEO対策まとめの記事を公開しました。

「仕事ができる」と言われるようになるまでにやったこと

  • 「仕事ができない」とまわりに思われていて、悔しい
  • どうしたら仕事ができるようになれるかを知りたい

既卒ニートからはじめて正社員として就職した会社では、「使えない」認定されて、毎日のように怒鳴られていました。

でも転職して入った会社では、「仕事ができる」とまわりに言われたり、経営層から直接仕事を任せられたりしました。

この記事では、「仕事ができなかった私が、周囲に評価されるようになるまでにやったこと」について書いていきます。

目次

仕事ができるようになるためにやったこと

はじめて正社員として就職した会社では、まわりから「仕事ができない」と思われていました。

でも「べつにどうでもいい」とも思っていて、毎日のように、仕事が終わった後に夜の街に遊びに行っていました。

朝帰りして、
そのまま出社したこともあります。

二日酔い状態なので、
余計に仕事ができなくなるという悪循環です。

「でもこんなんじゃ絶対に成功できない」と考えて、2社目の会社では、「仕事ができるようになってやる」と決意しました。

その際に、実際に実行したのが以下の方法です。

  • 仕事以外を捨てる
  • 自分の仕事の分野の本をすべて読む
  • 仕事術の本を読む
  • 誰よりも早い時間から働く
  • セミナーに行く
  • 仕事ができる人のやり方を取り入れる

仕事以外を捨てる

「仕事で成功しよう」と決めたときに、
仕事以外のことを捨てることに決めました。

具体的に捨てたのは次のことです。

  • 恋愛
  • 趣味
  • お酒
  • 食事

それまでは、暇があれば女性と遊びたいと思っていたし、金曜日、土曜日は、クラブに行ったりしていました。

でも「仕事で成果を出そう」と決めてからは、
酒も恋愛も、クラブ遊びもやめました。

食事も、毎日同じものを食べて、
食費がかからないようにして、
余ったお金はすべて自己投資に使いました。

あわせて読みたい
【20代必見】捨てることでお金・自由・安らぎ・時間を得られることリスト 20代の方「お金がない・時間がない」が口癖の方「自由や安らぎ」がほしい方 「もし人間が死とはなにかを知ったら、こわいとは思わなくなるだろうにね。そして死をおそれ...

自分の仕事の分野の本をすべて読む

大量の本を読んだのですが、とくに、自分の仕事に関係のある本をすべて読破する勢いで読みました。

書店だと昔の本が手に入らないので、メルカリやAmazonマーケットプレイスで探して、20年前くらいの本も手に入れました。

また、日本の本だけではなく、
海外の本も読みました。

私の場合、Webマーケティングやプログラミング系の分野でしたが、1年くらいで、書籍だけで何十万円という金額を使っています。

もしも、あなたの仕事の分野に関係する書籍が存在するなら、全冊読破するくらいの勢いで読みましょう。

経験は一日二日でどうにかなるものではないですが、知識であれば、本やネットの情報から学ぶことができます。

この方法は、そんなに難しくないですが、同じようにやっている人はほぼいないので、知識だけなら、短期間で社内で一番になれます。

仕事術の本を読む

専門書とあわせて、
仕事術の本も読みました。

  • 自己啓発系
  • テクニック系

自己啓発系の書籍には即効性がないですが、モチベーションが高まるので、時々読んで、モチベーションを下げないようにしていました。

テクニック系に関しては、
次のような本を読みました。

  • メール術
  • エクセル操作

メールやエクセルに関しては、「いや、そんなの基本でしょ?」と勉強しない人も多いですが、ちゃんと勉強すると、かなり仕事が速くなります。

私はメールをかなりカスタマイズしていて、社内の誰よりも早くメールを返信する自信がありました。

競ったことがないので分かりませんが、少なくとも、これまでに関わったクライアントのなかで、自分よりもメールの返信が早い、かつ文面が的確な人はいませんでした。

普段の仕事でエクセルやメールを使っているなら、絶対に勉強したほうが良いです。

あわせて読みたい
【メールでタスク管理】アウトルックを利用した残業知らずのタスク管理 「受信メールが多すぎて処理が追い付かない・・・」 「やることが多すぎて何をやればよいかがわからなくなる・・・」 「もっと早くメール返信ができたら効率よく仕事が...
あわせて読みたい
【メールは即レスが基本】ただし相手がお金をくれる場合に限る ビジネスメールって、結局のところ「即レス」したほうが良いですか? メールの返信が早いと信用されるので、即レスが良いです。ただ、誰にでも即レスは効率が悪いので、...

誰よりも早い時間から働く

誰よりも早い時間から働くことも意識していました。

毎朝6時か7時くらいには仕事を始めていました。

なぜ朝の時間に働いていたかというと、朝の時間帯は、誰にも邪魔されないので、仕事が一気に片付くからです。

残業して働くという手もありますが、私の場合は、定時後は独立のための勉強に時間を使いたかったので、朝の時間に仕事をしていました。

また、経営者や仕事ができる人のなかには、朝が早い人が多いので、朝早くから働いていると評価される可能性が高いです。

それに、早寝早起きの生活をすると、
体調も良くなるので、仕事も頑張れます。

あわせて読みたい
【朝型生活】朝5時台の電車で勉強している会社員はどんな生活をしているのか 朝5時台の電車で仕事や資格の勉強をしています。夜型の生活から朝型の生活に変えたことで人生が変わりました。 【朝型生活は良いことばかり】 朝型生活は良いことばかり...
あわせて読みたい
【早寝早起きの習慣】早起きして勉強する。朝早くから静かなカフェで仕事をする 夜更かしばかりの堕落した生活から、早寝早起きの生活にシフトした私が、【早寝早起き/朝活】のメリットを解説します。 【朝活は最強。人生が変わる】 朝活をすると人...
あわせて読みたい
【辞めるが吉】残業が当たり前の会社はおかしい 毎日残業ばかりでつらい社内のみんなが残業しているので、帰りづらい プライベートの時間を大切にしたい人にとって、残業はつらいですよね。 たまになら別ですが、毎日...

セミナーに行く

場合によっては時間の無駄になることもあるので、必ずしもオススメはできませんが、私が実行したこととして書いておきます。

セミナーに行くことです。

私の場合、仕事に直接的に関係のあるセミナーの他に、起業やプレゼンテーションのセミナーに行っていました。

セミナーの良いところは、
第三者からフィードバックを受けられる点です。

人前で話すのが苦手だったので、プレゼンテーションセミナーに行っていたのですが、「ここがうまい」「ここはこうしたほうが良い」というフィードバックをもらって、自信がついたし、改善もできました。

また、セミナーに参加する人は、多少なりとも意識の高い人が多いので、刺激を受けてモチベーションが上がるというメリットもあります。

あわせて読みたい
【体験談】プレゼンテーションスキルアップセミナーではどんなことが学べるのか この記事では、プレゼンテーションスキルアップセミナーに参加した過去の経験から、「どんなことが学べるのか?」「参加することでスキルアップは可能か?」などを解説...
あわせて読みたい
【時間の無駄】正直無料セミナーには意味がないと思っています この記事では、なぜ私が無料セミナーへの参加は時間の無駄だと考えているかを書きます。 セミナーに行きまくり、そして気付きました。 【無料セミナーへの参加は時間の...

仕事ができる人のやり方を取り入れる

仕事ができる人のやり方を見て、
真似もしました。

たとえば、営業がうまい人の営業トークとか、仕事ができる人の仕事の姿勢とか、こういったことを学びました。

あなたの会社にも、
一人くらいは仕事ができる人がいるはずです。

可能であれば、
その人に話しかけてみましょう。

教えるのが好きな人は多いので、
「教えてください」と言えば、
きっと気持ちよく教えてくれるはずです。

直接教えてもらうのが難しい場合は、
その人を観察しましょう。

きっとたくさんの学びがあるはずです。

自分が得意なことをすると自然と仕事ができるようになる話

さいごに補足です。

ここまで色々な方法を書いてきましたが、意外と見落としがちなのは、苦手な仕事で頑張っても、成果が出づらいし、つらいということです。

たとえば、私は電話対応が苦手です。

電話対応が苦手だったのですが、以前働いていた職場では、毎日たくさんの電話がかかってきました。

そこでどうしたかというと、電話対応がうまくなるように、本を読んだり、セミナーに行ったり、電話を買って練習したりしました。

でもいくら頑張ってもそれほどうまくならなかったし、何よりもつらかったです。

あわせて読みたい
電話対応が苦手過ぎて辞めたいと感じたら 電話対応が苦手過ぎて仕事を辞めたい電話対応の苦手を克服したい 電話対応が苦手過ぎて、大量の電話対応の本を買ったり、セミナーに通ったりした私が語ります。 【電話...

でもたとえば、私は文章を書くことや、黙々とパソコンでコードを書くことが得意です。

ですので、今はそういう仕事をしているのですが、無理に頑張らなくても評価されるし、何よりもつらくないです。

「苦手を克服しよう」という姿勢は素晴らしいですが、成果を出すという視点から見れば、苦手なことで勝負するのは得策とは言えません。

まとめ

  • 仕事以外を捨てる
  • 自分の仕事の分野の本をすべて読む
  • 仕事術の本を読む
  • 誰よりも早い時間から働く
  • セミナーに行く
  • 仕事ができる人のやり方を取り入れる

ここに書いたことをすべて実行できれば、
確実に社内で頭ひとつ抜き出ることができます。

もし無理だったら、「連絡してください」と言うレベルで、間違いないです。

「365日やる気なしのダメ社員」の私が変われたのですから、覚悟さえあれば、誰でも実現できるはずです。

WebFight
スキルと勇気があれば
レールを外れても生きていける
人生を変える情報はいつも運命かのように見つかる
愚痴ばかりの飲み会には参加しない
つまらない会議では発言しない
普通の幸せは求めない
ゆるく生きるために
誰よりも真面目に働く
クレイジーでいこう
外野の目なんて気にしていたら
短い人生はあっという間に終わってしまうから
もしよろしければシェアお願いいたします。
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる